美容師に どんどん相談しよう

みなさんは、サロンで美容師とどんな話をしているでしょうか。彼氏やご主人、お子さんの話、ランチのおいしいお店の話といった人が大半だと思います。リラックスも頭皮の血流アップにつながるので、恋愛話や世間話も決して悪いわけではありません。 しかし、サロンはお客さまのアドバイザーであるべきというのが、私の持論。「最近、髪がパサついてまとまらない」「白髪が増えてきたけれど、どんな髪型やカラーがふさわしいのかわからない」「自分の髪にどんなシャンプー、トリートメントが合うのかわからない」 こんなふうに、お客さまの髪の毛の疑問や情報を、解決するのがサロンの本来の役割。スタイル優先の代を過ぎたら、「髪型を決めたら、あとは美容師にお任せ」ではなく、人のもっている世術や知識をしっかり理解し、それを活用していくとが、美しい髪を保ち続ける秘訣です。 実際、髪がきれいなお客さまほど、美容師と髪についての会話が多いもの。少しでも髪によい情報を得ようとしているのがわかります。美容師も人間ですから、お客さまとどんな話をしようか、不安でいっぱいです。そんなとき、自分の得意な髪の話をふられたら、うれしいのです。「長さとツヤ、どちらを優先するべきなのか」「最近、自分が老けて見える気がするけど、似合うスタイルはあるか」「サロンのトリメントメニューで、自分に合っているものはどれか」「ハリとコたいが、どんなシャンプーを使えばいいのか」「トップのボリュームが寂しくなってきたけれど、どんなケアをすればいいか」 といった髪の悩みを、どんどん相談してください。髪の悩みというのはお客さまにとって、とてもデリケートな問題。ですから、相談を受けない限り、美容師から進んで助言するのははばかられます。しかし、美容師は、うねり毛、白髪、薄毛といった、年齢を重ねた女性の髪悩みを解消する引き出しを数多く持っています。カットやパーマなど「ヘアスタイル」をつくるだけが美容師ではないのです。

髪のツヤを出す魔法のシャンプー

あなたはご存知?生クリーム型シャンプーのクレムドアンを!
クレムドアン クリームシャンプーの口コミ
ボタニカルなのは当然、刺激成分も一切カットの完全オリジナルシャンプーです。

頭皮ケアは毎日行う

固い土壌に農作物が育ちにくいように、血行が悪くなり、コチコチに硬くなった頭皮に、健康な髪の毛は生えにくいもの。食生活の乱れも、体内の新陳代謝を低下させ、髪の生え変わりにダメージを与えます。若い女性の薄毛も増えています。何も薄毛は加齢だけが原因ではありません。若い女性の場合、パーマ・カラーリングのしすぎ(もしくは、施術ミス)で頭皮が炎症を起こし、薄毛を招いていることがあります。さらに、入浴せずシャワーだけ、ストレス、睡眠不足といった生活習慣の乱れも、冷えを呼び、頭皮の血液循環を悪くします。 年齢に関わらず、血液循環をよくし、頭皮の健康をキープするには、生活習慣を整えるのはもちろん、パーマ・カラーは最低1カ月は間隔をあけ、ダメージを受けた頭皮を回復させる時間を作りましょう。パーマの際も、刺激の少ないコスメパーマなどを選ぶ、カラーは根元を染めないハイライトやローライトを上手に使うなどして、頭皮へのダメージを減らしてください。頭皮のマッサージでお休みしている毛穴を活性化薄毛を解消し、太くツヤツヤした髪を取り戻す方法は、「頭皮のマッサージ」しかありません。1日5分のマッサージを1週間続けてみてください。まず、「頭皮の色」に変化があらわれます。血行が悪かったり、乾燥していたりする頭皮は、赤みがかっています。それが、マッサージによって血行がよくなると、青白く美しい頭皮になっていくのです。 マッサージを習慣化することで、頭皮のたるみを防ぎ、血行をよくして毛母細胞を活性化。お休みしていた毛母細胞をよみがえらせ、太く美しい髪を増やして、薄4章|薄毛の悩みを解決するためにくなった分け目を目立たなくすることができます。